愛知県看護連盟

代表あいさつ

ナイチンゲール生誕200年(2020年)を期に、世界各国において看護の発展を保健政策の中心に位置づけ、教育及び職業訓練の充実等を通じて看護師が充分に活躍できる仕組みづくりに取り組むというキャンペーン「Nursing Now!」をご紹介します。

 

看護への理解を世界的に高め看護技術が存分に活用される社会環境を整えるメリットは、

①誰一人取り残さないユニバーサルヘルスガバレッジが実現する。

②国際的な女性エンパワーメント推進に寄与する。

③健康福祉分野での雇用機会を創出して、労働価値を引き上げる効果が期待され、地域経済の発展につながる。

との考えに基づき、様々な分野において活動が展開されています。

 

世界有数の健康長寿国である日本は、急速な労働力減少の中でいかにしてこれからの

社会保障需要に対応できる制度を再構築するかが喫緊の課題となっています。

政府では社会保障制度改革を進めていますが、看護の発展と看護師の有効活用は、

それら制度改革の大きな柱になっており、重要なテーマであります。

 

国内の看護職就労者数は170万人、看護師はケアと治療を担う保健医療従事者の中で

最大のマンパワーを誇っています。働く場は離島へき地も含めて全国津々浦々に広がり、

その働き方は、国民一人ひとりに寄り添って、24時間365日を網羅するという極めて

特異な勤務形態が求められています。さらに、提供される看護サービスの範囲は、

妊娠・出産から人生の最後まで各年齢層にわたっており、あらゆる健康状態に対応します。

 

このため実際の看護活動は、保健・医療・福祉・介護・教育・労働等関連する施設内に

とどまらず、家庭や地域の多様な場で展開されるわけです。

これからの看護師に期待される役割発揮とそれに見合う評価の実現に向けて、

専門職としての研鑽を奨励する一方、法的基盤整備も含め、各々の力量が充分に

発揮される環境を作り、看護の存在価値を高めることのできる政策等を推進し、

その強化を図りましょう。

 

Nursing Now!

 

会長写真

 

愛知県看護連盟 会長 杉本明子

 

2019年3月更新 ぜひご参加ください!

賛助会員のご入会
のお願い
特別会員のご入会
のお願い